翻译热线:(86 10) 5979 9298

biz@practrans.cn

2010-3-6 品格为日本某株式会社完成6.5万字《中国纳米•材料领域创新动向调查报告》的日文翻译服务。

2018-07-03 10:16:20 2

高效的翻译和专业、地道的译文赢得客户高度认可。

译文摘录:

加入WTO 以后,通过广泛的参与国际市场的竞争,中国发现当前国际贸易的竞争很大程度反映在标准的竞争上,世界各国都非常重视标准的作用,欧美国家在国际标准化舞台上长期占据主导地位。同样,纳米标准化工作对于促进该产业自身发展、提高中国纳米科技国际竞争力及运用纳米科技改造和提升传统产业,规范纳米市场经济秩序,促进纳米国际贸易都具有重要意义。因此,中国对纳米标准化的问题十分重视,2001 年中国即开始了第一个“纳米标准”的制定工作,这是纳米产业在中国发展加速的一个显著标志,也是中国纳米标准化领先于世界的一个标志,而支撑纳米标准建立的是中国已经具备的纳米基础科学基础研究、应用研究和产业化的实力。2004 年5 月20日,中国实验室国家认可委员会纳米技术委员成立,使中国纳米科技发展走上规范化管理的道路。从国家标准委员会官方网站上获悉,2008年、2009年中国发布的纳米标准各有6项,截止2009年,中国共发布21项纳米有关标准。

WTO加盟後、国際市場の競争に広く参加したことで、中国は、現在の国際貿易の競争が相当の程度で標準の競争になっており、世界各国がいずれも標準の役割を非常に重視しており、欧米国が国際標準化分野で長期で主導の地位にあると気づいた。そして、ナノ標準化は、同産業自体の発展の推進、中国のナノテクノロジー国際競争力の向上及びナノテクノロジーによる伝統産業の改造?昇格、ナノ市場経済秩序の規範化、ナノ国際貿易の促進にいずれも重要な意義があると認識した。従って、中国はナノ標準化を非常に重視し、2001 年から、最初の「ナノ標準」制定を開始したが、これは、中国でナノ産業が速やかに発展している象徴であり、中国のナノ標準化が世界先進レベルにある象徴でもある。そのうち、中国のナノ基礎科学の研究、応用研究及び産業化の実力はナノ標準化をサポートしている。2004 年5 月20日に設置された中国実験室国家認可委員会ナノテクノロジー委員会は、中国のナノテクノロジー発展を規範化管理の道に導いている。国家標準委員会の公式ウェブサイトによると、2008年、2009年、中国は、ナノ標準をそれぞれ6項発表した。2009年まで、中国は合せて21項のナノ関係標準を発表した。

基础标准1 项,《纳米材料术语》;

基礎標準は1項で、「ナノ材料用語」である。

纳米尺度的检测与表征方面的方法标准12项,《纳米粉末粒度分布的测定 X 射线小角散射法》、《分析电镜(AEM/EDS)纳米薄标样通用规范》、《非晶纳米晶软磁合金交流磁性能测试方法》、《纳米级长度的扫描电镜测量方法通则》、《纳米无机材料抗菌性能检测方法》、《一维纳米材料的基本结构高分辨透射电子显微镜检测方法》、《仪器化纳米压入试验方法通则》、《钢表面纳米、亚微米尺度薄膜元素深度分布的定量测定辉光放电原子发射光谱法》、《纳米材料晶粒尺寸及微观应变的测定 X射线衍射线宽化法》、《金纳米棒表征 第1部分:紫外/可见/近红外吸收光谱方法》、《硒化镉量子点纳米晶体表征 紫外-可见吸收光谱方法》、《多壁碳纳米管纯度的测量方法》;

ナノスケールの測定とキャラクタリゼーションの方法標準は12項で、それぞれ「ナノ粉末粒度分布の測定用 X放射線小角散射法」、「分析電子顕微鏡(AEM/EDS)ナノ薄サンプル通用規格」、「非結晶ナノ結晶軟質磁性合金交流磁気性能測定方法」、「ナノスケール長さのスキャン電子顕微鏡測定方法ガイドライン」、「ナノ無機材料抗菌性能測定方法」、「1次元ナノ材料の基本構造高識別率透射電子顕微鏡測定方法」、「計器化ナノ圧入試験方法ガイドライン」、「鋼表面ナノ、サブミクロンスケール薄膜元素深度分布の定量測定グロー放電原子発射分光法」、「ナノ材料結晶粒サイズ及びミクロ応変の測定 X放射線回折ピーク拡がり法」、「金ナノ棒キャラクタリゼーション 第1部分:紫外/可視/近赤外吸収分光方法」、「セレン化カドミウム量子ドットナノ結晶体キャラクタリゼーション紫外-可視吸収分光方法」、「多壁カーボンナノチューブ純度の測定方法」である。

纳米产品标准 8 项,《非晶纳米晶软磁合金带材》、《纳米镍粉》、《纳米氧化锌》、《纳米二氧化钛》、《纳米磷灰石/聚酰胺复合材料 第1部分: 命名》、《纳米磷灰石/聚酰胺复合材料 第2部分:技术要求》、《纳米技术处理服装》、《多壁碳纳米管》。

ナノ製品標準は8項で、それぞれ、「非結晶ナノ結晶軟質磁性合金帯材」、「ナノニッケル粉」、「ナノ酸化亜鉛」、「ナノ二酸化チタン」、「ナノリン灰石/ポリアミド複合材料 第1部分: 命名」、「ナノリン灰石/ポリアミド複合材料 第2部分:技術要求」、「ナノテクノロジーで処理した服装」、「多壁カーボンナノチューブ」。

2009年3月27日上午,全国纳米技术标准化技术委员会(以下简称“纳米标委会”)2008年度会议在北京召开。纳米标委会下属的纳米材料分技术委员会、上海市纳米技术标准化工作组、扫描探针显微镜(SPM)标准化工作组、微纳加工技术标准化工作组、纳米压入与划入技术标准化工作组和纳米检测技术标准化工作组的负责人分别汇报了分委会和各工作组2008年度工作进展及2009年度工作计划。

2009年3月27日午前、全国ナノテクノロジー標準化技術委員会(以下、「ナノ標準委」)2008年度会議は北京で開催された。ナノ標準委配下のナノ材料分技術委員会、上海市ナノテクノロジー標準化活動チーム、スキャンプローブ顕微鏡(SPM)標準化活動チーム、マイクロ?ナノ加工技術標準化活動チーム、ナノ圧入与カットイン技術標準化活動チーム及びナノ測定技術標準化活動チームの責任者は、それぞれ分委会と各活動チームの2008年度の活動進展と2009年度活動計画を報告した。